ひと手間を惜しまない

先日、忘年会にて大工さんからのありがたいお話しです。

現場で大切なのは、

・あいさつ
・掃除
・ひと手間をおしまない

という事でした。

言ってしまえば当たり前で簡単な事ですが、それぞれに意味のあることですし、なかなか難しい事です。

その、大将の現場はいつも当然綺麗です。

あいさつも我々業者にも非常に丁寧にされます。

現場も確実に堅実に進められています。

その為、気持ちよく我々も仕事が出来ますし仕事もはかどります。

また、我々も汚してはいけないという意識も働きます。


「整理整頓」の文字やゴミについてしっかりと掲示してある訳ではないのですが、その意識が皆に反映

されているのでしょう。(建築中に掃除だけで自ら現場やり直しに行くこともあったそうです)


さらに、一手間惜しまないという話で、

その当日ですが、クリーニング屋さんがカーテンレールを掃除するのに、お施主様から

外して掃除すると綺麗になるよと言われたそうですが、通常外さなくても出来るので、

そのまま掃除したそうです。


そうしたら、拭いた雑巾の跡がクロスに線で残ってしまい、後からクレームになったそうです。

ひと手間だね~と、皆でしみじみ・・・




ひと手間を惜しんだ結果は後からやってきます。

クレームやお怒りとして、言って頂ければ良いのですが、大半は何も言われず、二度と依頼も来ずと言う

事になるでしょう。


そうならない為にも、やはり手を抜く事とは意味が違うと思いますが、お客様の立場に本当の意味で立って

ひと手間を惜しまず仕事をする事が大切であり、難しいと感じたありがたいお話しでした。


ちなみに、お客様の立場に、本当の意味で立てる人ってあまりいない気がします。

某、デザイナーの社長はなれていると感じますが・・・

通常、お客様(相手)の立場に立って自分が考えているんです、多分。

本当に、相手になりきって考える事が出来ると凄いんです、多分。

私もそこまでは出来ていないと感じます。















(誰も通常の仕事で手を抜いているわけではないと思いますが、通常の仕事に慣れすぎていてはいけない

ということでしょう。ちなみにその現場でクリーニング屋さんは、朝から入り16時頃に終わったそうです。

そうしましたら、何をそんなに慌てて帰るんだろね?と後から言われていたそうです。通常、我々は仕事

が終わったから帰るのですが、そのクリーニング屋さんは終わっていないように見えたのでしょうか・・・?

それともそれが業者側からではなく、お施主様側から見ると感じることなのでしょうか・・・難しいですね)







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

住サポート

Author:住サポート
 
日頃気になった事や、
たま~に仕事の事とか
更新していきます。

よろしくお願いします。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード