今日は少しお仕事の話を

こんにちは新城です。


ブログを色々といじっていたら2回も記事を消してしまい

大大大ショック・・・ですが気を取り直してもう一度。。。。だけ



今日はお仕事の話ということで、当社の事業でもあります「木造住宅の防腐防蟻処理」について

お話します、今回は駆除ではなく予防処理に焦点をおいたお話です。


現在、新築・既存住宅の防腐防蟻処理は一般的に合成殺虫剤を使用して行われていますが

合成殺虫剤は環境への配慮から約5年ほどで分解してしまうので、シロアリの保証期間も5年間

となっています。

そのため保証と、薬剤効果を持続させる為には5年毎に合成殺虫剤による再施工を行う必要が

ありますが、その都度まとまった費用が必要になる事や、薬剤への不安から継続を断念される

お客様も少なくありません。

その結果、薬剤効果や保証が切れシロアリに対して無防備なお家が増えています

またそれに付随して、定期点検も疎かになり水漏れやシロアリの発生に長期間気づかず

大きな被害になるケースが後を絶ちません。

私たちもこの業界に携わって15年以上経ちますが「お客様のお家を守りたいのに守れない」

「お客様の不満を知っているのに解決出来ない」と言うもどかしさはありましたが、それを改善

する方法を持ち合わせていませんでした。

ですが昨年、業界の常識を大きく変える施工方法と出会うことが出来ました

それが「ホウ酸処理」です、ホウ酸を使用した防腐防蟻処理は欧米では一般的で

国内でも一部で使用されていましたが、木材保存材として国内で認定されていなかった

のでホウ酸処理をしても保証が出せませんでした。

ですが平成23年に木材保存材としての国内認定を取得したことで、保証が出せるように

なったことで、今後の普及が期待されています。

では「ホウ酸処理」はどのようなメリットがあるかと言いますと

①自然素材で安心・安全(揮発しないので空気を汚しません、赤ちゃんやペットにも安心です)

②効果が低下しないので再処理不要(メンテナンス費用が大幅減)

③新築・既存住宅問わず施工可能(新築の場合最長15年保証)
(既存住宅の場合は当社独自の保証システムあり)

上記のように大きなメリットがあるのですが、ただホウ酸で処理すれば効果がある訳ではなく

「ホウ酸濃度」「ホウ酸処理量」「ホウ酸の知識」「建物の構造」等‥の知識を知った上で

正しく処理しなければ十分な効果が得られません。

当社では「ホウ酸濃度」「施工者の教育体制・施工者認定制度」「施工ノウハウ」等々で国内トップの

日本ホウ酸処理協会の展開している「ボロンdeガード工法」を採用しています。

当社も協会の研修を受講し、認定試験を合格したメンバーが確実な施工を行いますので

安心してご依頼ください!!


「これまでは一つの選択肢しかありませんでした」

「これからはホウ酸処理という選択肢もあります!」
IMG_9512.jpg


詳しくは三河地域施工実績NO1の当社までお問い合わせください。



ではまた次回!!



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

住サポート

Author:住サポート
 
日頃気になった事や、
たま~に仕事の事とか
更新していきます。

よろしくお願いします。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード